· 

70代男性寝返りや立ち上がる時の左腰の痛み

こんにちは、院長です。

 

今日は気温が低く夜から雪が降る予報が出ております。

今夜帰宅される方や外出の予定がある方は十分ご注意くださいね。

 

さて、今回は左腰の痛みで来院された方のケースをご紹介したいと思います。

 

70代男性、10日前より左腰に違和感があり、かばいながら社交ダンスをしたため症状が悪化し来院されました。

 

 

主な症状は寝返りをした時に左腰に鋭い痛みが出現するのと、椅子から立ち上がった時や腰を伸ばした時に同様の痛みが見られました。

 

痛みが強くなる前から慢性的に腰痛はあり、過去に定期的にマッサージや鍼灸を受けて施術後は楽になっていたがすぐに戻ってしまうとのこと

でした。

 

全体の歪みを調整した後、左腰を細かく検査していくと脊柱起立筋と横突間筋に圧痛が見られたためリリース。

 

この時点で痛みが10→7、8になったが、まだ痛みが残っているため腰以外も細かく検査していくと左第12肋骨が下方にずれていたため調整。

 

肋骨の調整後、寝返りや立ち上がった時の鋭い痛みが10→0となったため初回の施術は終了。

 

こちらのケースのポイントは左第12肋骨のサブラクセーション(ずれ)でした。

 

肋骨が原因の痛みの特徴は体を捻った時の痛みや、息を吸った時に痛みが出ることです。

 

それではおだいじにどうぞ。

 

(`・ω´)ゞビシッ!!