· 

物を掴んで持ち上げた時の鋭い肘の痛み

こんにちは。院長のおさかべです。


23日(日)は日本スポーツ徒手医学協会のカイロプラクティック勉強会へ参加してきました。


今回のテーマは、肘と手首。


特に興味深かったのは、肘の外側の痛みについてです。


一般的に肘の痛みというと使いすぎで起こる事が多く、整形外科などでは安静にして様子を見るように言われることが一般的かと思います。


しかし、安静にしているのにもかかわらずいつまでたっても掴んだ時の痛みが残るケースがあります。


その場合、肘の関節がズレている事が原因の可能性が高いです。


肘の関節がズレる事で橈骨神経が圧迫され鋭い痛みが引き起こされます。


肘の外側の骨を軽く叩いて見るとツンとした痛みが出ることも特徴的です。


その場合、カイロプラクティックの施術が効果的です。


もし、肘の痛みが長く続いている場合はご注意くださいね。


それではおだいじにどうぞ。

(`・ω´)ゞビシッ!!