· 

それは本当に五十肩ですか?

こんにちは。院長のおさかべです。


先日、浜松町へスポーツカイロプラクティックの技術セミナーへ参加してきました。


今回のテーマは「肩」と「肘」でした。


その中で、「五十肩」について面白いデータがありましたのでご紹介したいと思います。


「五十肩」とは正式には癒着性関節包炎といい、肩の可動域制限、いわゆる肩が固まって動かせなくなる現象のことです。


ちなみに「四十肩」との違いは、発症した時の年齢だけです。


五十肩で特に制限されるのが、外旋(仰向けに寝て頭の後ろを触るような動作)です。


続いて外転(横に腕を持ち上げる動作)、その次が屈曲(腕を前に挙上)、最後に伸展(お尻を触るような動作)となります。


もし、外旋が全然行かない場合は五十肩の可能性が高いです。


逆に外旋は問題ないが、他の動作で痛みが出る場合は五十肩以外の可能性があります。


その場合は、きちんと施術をする事により予後は良好です。


もし、肩の痛みを感じた際はこの動きを試すことで、五十肩かどうかの大まかな判断ができます。


肩の痛い方がいたら教えてあげてくださいね。



それではみなさん、おだいじにどうぞ。

(`・ω´)ゞビシッ!!