· 

「坐骨神経痛のような痛みの原因」

こんにちは。院長のおさかべです。


今週末、毎月参加している日本スポーツ徒手医学協会の勉強会への準備のため、資料を整理していると興味深い実験データがあったので1つご紹介したいと思います。


いわゆる、お尻から太もも、ふくらはぎから足の裏にかけて痛みやしびれがあると坐骨神経痛と診断されるケースの方が多いかと思います。


もちろん、それもありますが、この実験によると坐骨神経の問題ではなく、お尻の奥を支えている仙結節靭帯と仙棘靭帯の関連した痛みで似たような症状が起こるという結果が出たようです。

図の赤丸が付いている「SS」という部分が関連して痛みが出る領域だそうです。


ちなみに、どうやってこれを調べたか想像できますか?


この実験は、アメリカの研究所にて健康な方のテストしたい部分に痛みを誘発させる薬物を注射して、その訴えをまとめたものだそうです。


今では人権の問題で絶対にできない実験ですね(笑)


皆さんも図のあたりに痛みやしびれが出た場合は、仙結節靭帯や仙棘靭帯の可能性もあるということを覚えておくと、役に立つ日があるかもしれませんよ!


それではみなさん、おだいじにどうぞ。

(`・ω´)ゞビシッ!!