· 

50代女性 手首の腱鞘炎

みなさんこんにちは。2代目院長です。

今回は手首の腱鞘炎で来院された方のケースをご紹介したいと思います。


50代女性の方で、半年前に左手首の痛みを感じ始め、徐々に痛みが強くなってきたため、近くの整骨院へ行くと腱鞘炎と診断され、治療を受けたが変化はあまりなかったようです。


親指を握って手首を小指側に曲げる検査をすると鋭い痛みが見られました。

腱鞘炎で問題の出やすい親指の付け根付近(短母指伸筋腱と長母指外転筋)を触ってみるが痛みはあまりありませんでした。もし、腱鞘炎だとするとこの部分に鋭い痛みが出ることが多いです。

この時点で関節が原因の可能性が考えられたので、手の骨を細かく検査すると特に舟状骨の引っ掛かりが顕著に見られたため施術。

その時点で痛みは半減していたので初回は終了。


2回目来院された時点で前回よりだいぶ痛みは取れていたようで、同じ施術を繰り返し行いました。


3回目の時点で日常生活での痛みはほぼなくなったとのこと。


今回のケースはシンプルに関節の問題でした。

腱鞘炎は使わなければ良くなると言われ、なるべく使わないようにしているのに一向に良くならない場合は、関節の引っ掛かりが原因となっていることが考えられます。


それではみなさん、おだいじにどうぞ。

(`・ω´)ゞビシッ!!