30代子育て中の女性 手首の痛み(腱鞘炎)

院長です。

本日は、整形外科で右手首の腱鞘炎と診断された子育て中の30代女性の症例を紹介したいと思います。

現在、六ヶ月のお子さんの子育て中で、数ヶ月前から手首の痛みを感じていたが、ここ最近痛みがひどくなり整形外科に通院。

頭を洗うのも辛くて仕方ないとのこと。整形では腱鞘炎と診断され、痛み止めと手首の固定装具を処方されたが、痛みに変化はなかったそうです。

 

来院後、詳しく検査していくとフィンケルシュタインテスト陽性、橈骨茎状突起付近の圧痛あり。筋肉の問題は、ぱっと見た感じそこまでではなかったので、先に関節の施術をすることに。

舟状骨に圧痛があったので、細かく動きを見ていき、前方から後方へ舟状骨を動かしながら、同様のテストをすると痛みが半分以下に減少。そのまま関節の施術をすると、鋭い痛みは消えて10→4、5に改善。

 

次に、手首の鋭い痛みは消えたが前腕の鈍い痛みが残っていたので、こちらも関節からチェック。橈骨を近位から遠位へ押さえながら同様のきをすると痛みがほぼ消失したので、そのまま橈骨の施術。

その後、痛みは10→2、3まで減ったが、やはり慢性化しているので0は難しかったようです。

症状を安定させるため、自分でできる舟状骨のモビリゼーションを指導して施術終了。もう何回か施術すると、もう少しよくなるのではないでしょうか。

 

今回のケースのように腱鞘炎と診断されて、症状も全く同じですが原因は筋肉や腱ではないケースもよくあります。

その場合、いくら腱や軟部組織の治療をしてもよくなるわけがありません。

正しい診断と正しい施術をすることがとても大事です。

 

それではみなさん、お大事にどうぞ。

(`・ω・´)ゞビシッ!!